About Usディーバインターナショナルについて

2003年の創業以来、私たちは生理をもっと快適で自然なプロセスに変えるために努力を重ねています。

フランシーヌ・チェンバーズと、その娘のキャリーン・チェンバーズ=サイニ(共同創業者、CEO)は、2003年にディーバカップの販売を開始しました。

究極のチーム

人生のすべてをかけて、タンポンとナプキンに代わる、より快適で環境に優しい生理ケアの方法を模索してきたフランシーヌ。新しい月経カップこそが、その答えだと確信した瞬間、ディーバカップへの道が開かれました。母の考えに賛同した娘のキャリーンは、母と力を合わせてディーバカップの開発に取り組みました。人生を生理ケアの改善に捧げてきた母娘の努力が実を結び、使う人にも環境にも優しく、繰り返し使える生理用品が誕生し、今では世界のどこでも簡単に手に入るようになったのです。

 

ディーバカップの
はじまりの場所

ディーバインターナショナルの最初のオフィスは、チェンバーズ家の地下室でした。そこから出発した私たちは、現在は世界22カ国に販売を拡大しています。

内なる革命

ディーバカップが幅広く受け入れられ、愛用者の皆さんから「ディーバカップで人生が変わった」という言葉が届くようになると、ディーバのチーム全体に「内なる革命」の火がつきました。私たちは、これまでの生理の常識をがらりと変え、生理を経験するすべての人にとって、本物の変化を起こすために邁進していきます。

”ディーバ(女神)”に
込めた思い


高品質。でも、高慢ではありません。

フランシスとキャリーン母娘は、よりよい生理ケアの方法を世界に提案するという大胆な取り組みと、自信にあふれた姿勢を表す社名を求め、ディーバ(女神)と会社を名付けました。私たちの考えるディーバとは、社会における生理への見方に多様性を認め、生理は性自認と身体的性が一致するシス女性のみのものではないと理解しているすべての人々。そう、ディーバとは既存の使い捨ての生理用品に飽き足りない、すべてのあなたのことなのです。

私たちはグッドカンパニーの証、Bコーポレーション認証を受けています

ディーバインターナショナルは2018年、環境と社会に配慮する企業の証であるBコーポレーションの認証を取得しました。私たちはBコーポレーションとして、製品と企業運営の透明性を維持し、アカウンタビリティを果たしながら、ビジネスを通じてお客様や社会、地球全体に高い利益をもたらします。

詳しく見る